キレイな住宅

新築のように利用する

一軒家

「あなたは、住宅を購入する場合、新築・中古どちらを選びますか。」 この質問、よく耳にしますよね。以前は圧倒的に新築派が多かったのですが、最近では中古物件でよいと答える人も多くなってきています。 日本は、高齢化社会が本格的に到来し、空き家率も日本全国で10%を超えるなど「住宅が余りはじめている」現状があります。政府もこれに危機感を示しており、中古住宅の流通活性化に本格的に力を入れ始めています。 しかしながら、日本の木造住宅は耐用年数が20年程度と大変短いという問題点があります。したがって、20年が経過した木造住宅は、建物の価値が「ゼロ」となるわけです。これでは、中古住宅の流通が活発になるはずもありません。

したがって、空き家率がこれだけ高いにも拘わらず日本では新築住宅が供給されるのです。新築住宅であれば、購入者にとっても長期間にわたって住宅ローンを組めるわけですから安心ということもあります。 では、中古住宅の耐用年数を伸ばすことは不可能かというと、決してそんなことはありません。現在主流となっているのは、「リノベーション」という考え方です。リノベーションとは、簡単にいえば大規模リフォームをかけて資産価値を増加させることです。 リノベーションを実施することで、外装は古くとも内部は新築物件同様となります。また、新築物件と比較して価格も3割前後安くなり、最近では若い方を中心に中古物件を購入してリノベーションするというケースが増えています。中古住宅流通活性化として、リノベーションは今後も増えていくことでしょう。